八千代市村上の個別指導学習塾「学習習慣スクール」

千葉県八千代市村上南の個別指導学習塾「学習習慣スクール」は勉強を通じて学習の習慣を身につけてもらいます。

TEL.050-3311-0674

 

お電話受付時間:14:00~20:30(月~金)

小学生のご家庭へ

10歳前後から「勉強のやり方」を変えていく必要があります

小学校の勉強は高学年になるにつれて、だんだんと難しくなっていきます。
特に算数は4年生あたりから難しくなり、しっかりと理解ができていないとテストの点数も悪くなってしまいます。
その結果、算数が嫌いになりやすいのもこの時期です。
そして苦手意識をもったまま中学生になると、さらに嫌いになってしまいます。
そのため、小学校のうちは理解に差がつきやすい算数の勉強に力を入れることが重要だと考えています。



「小中学生の学びに関する実態調査2014」(ベネッセ総合教育研究所)

高学年になると算数の勉強内容が難しくなることも原因の一つだと思いますが、他にも
勉強のやり方が大きく関係しています。
10歳ごろまでは理解できないことでも丸暗記して覚えることができます。
九九を低学年で覚えさせるのはこのためです。
しかし、人間の脳の発達上、10歳前後からだんだんと理解をして理屈を覚えていかないと覚えられなくなっていきます。
この段階で
暗記中心の勉強のやり方から、理解して覚えていく勉強のやり方に変えていかないと成績が伸びにくくなります。

また暗記中心の勉強では応用も効かず、考えて勉強する力がつきにくくなります。
例えば小学校の勉強の順番として、かけ算の単元を習った後に割り算の単元を習います。
かけ算の単元を習っているときの文章問題は、ほとんどかけ算で答えが出せます。
次に割り算の単元を習っているときに文章問題が出されると、あまり考えずに割り算をする子が多くいます。
そして、かけ算が必要な文章問題が出題されても気付かずに割り算をして間違えます。
このような勉強になっているとしたら、何も考えずに計算問題を解いているのと同じです。

小学校のうちから考える力をつけましょう

初めて習うことは単元ごとに学習することでより理解が深まりますが、単元ごとの勉強だけでは本当の学力はつきません。
小学校では単元ごとのテストがほとんどです。
そのため単元ごとのテストでは、この本当の学力がついているかを確認することは難しいです。

また学習指導要領が変わり、以前は中学校で勉強していた内容を小学校で勉強するようになって難しくなり、勉強する内容量も増えています。
しかし、小学校での授業時間数が増えているわけではないので、単元ごとの授業をするだけで手一杯です。
文章題でかけ算を使うのか割り算を使うのかといった考えて判断するような単元が混ざった問題の練習をする時間はほとんどありません。

このような勉強のやり方のままでいると、小学生のころは勉強ができていても中学生になって急に成績が悪くなってしまうことがあります。
中学生になると定期テストの範囲もひろくなり、単元が混ざった問題や応用問題も多くなるためです。
そして模試や高校受験では、単元が混ざった問題や応用問題がさらに多くなります。
小学生の早い段階から
理解をして考えて覚える勉強のやり方に変えていくことが、合否をわけるポイントになると思っています。

手作りのプリントで確認することが一番です

では、どうすれば単元が混ざった問題でもしっかりと考えて解けるようになると思いますか?

先ほども例に挙げましたが、学校の教科書やドリル、市販の問題集などは基本的には単元ごとに問題が出題されます。
塾用の教材でも単元ごとの出題の方が多いです。
このような教材だけでは、単元ごとの理解はできても単元が混ざった問題の練習が不十分です。

一番良い対策は手作りのプリントを解くことです。
それだけではなく、
その子の理解度に合わせた問題であることも重要です。

今までに学習した単元を混ぜてプリントを作ることで、本当に理解できているかが確認できます。
間違えた問題はなぜ間違えてしまったのかをしっかりと理解し、同じような問題のプリントを再度作ります。
このようにその子の理解度に合わせたプリントをくり返し解いていくことで、問題をしっかりと理解して考えて解ける力をつけていきます。

学習習慣スクールではお伝えしたように、お子さん一人ひとりの理解度に合わせた手作りのプリントを毎回の宿題にしています。
宿題の量は各ご家庭の状況にあわせて調整しますが、少なくとも毎日1枚のプリントを解くことで勉強の習慣づけや学習内容の定着を図っていきます。

Top