八千代市村上の個別指導学習塾「学習習慣スクール」

千葉県八千代市村上南の個別指導学習塾「学習習慣スクール」は勉強を通じて学習の習慣を身につけてもらいます。

TEL.050-3311-0674

 

お電話受付時間:14:00~20:30(月~金)

学習習慣ブログ

成績を上げるには行動の変化が必要

通知表の時期になりました。

子どもにとっては夏休みが楽しみだけど
通知表が・・・と思っているかもしれません。

中学1年生は中学校で初めての通知表ですね。

上の子がいないご家庭にとっては
中学校の通知表の結果が気になっていると思います。

通知表が3だったからもっと頑張りなさい、とか
4だったから頑張ったね、とか

つい言いたくなる気持ちはわかります。

ただ、ちょっと待ってください!

通知表やテストの点数などの数字の結果も大事ですが
もっと大切なことがあります。

 

それは

成績を上げるには、お子さんの行動が必要

ということです。

 

お子さんの行動 = 勉強すること

 

そして、今よりも成績を上げるためには

お子さんの行動の変化が必要です。

 

通知表を3から4に上げたいのなら

勉強する時間を増やすとか
もっと集中できるように工夫するとか

何かしらの行動の変化が必要です。

そもそも勉強するという行動があまりできていないなら
まずは少しでもいいから勉強することから始めないといけません。

 

勉強する、という行動ができているのなら
すぐに結果が出るかは別として

勉強を続けていれば、成績は上がります。

成績がなかなか上がらない場合は勉強のやり方などを
もう一度見直す必要があります。

 

どちらにしても大事なことは、行動の変化を続けることです。

テストで悪い点数をとってしまったら

やっぱり子どもだって、次はもう少し勉強しなきゃなと思います。

そして、今までよりは少し多く勉強をします。

 

この後がポイントです!

ご両親がそのお子さんの行動変化に気付いて声をかけられているか?

「いつもより勉強頑張ってるね」

この一言を伝えられているかどうかです。

「勉強しなさい!」と言われるよりも、ずっと嬉しいですよね。

自分の頑張りをほめて認めてもらえれば、その後も頑張れるものです。

 

お子さんが行動の変化を続けられるような家庭のサポート

どんなことができそうですか?

平成30年度の千葉県公立高校入試の平均点

ご覧いただきありがとうございます。
学習習慣スクールの鎌田です。

平成30年度の千葉県公立高校入試の平均点が発表されました。

前期の5教科の平均点は294.3点

後期の5教科の平均点は290.9点

平成29年度の平均点とくらべると、前期は18点も高くなっています。
後期は平均点が300点を超えていた29年度よりは16点低くなりました。

今までの後期試験の平均点は、前期試験の平均点よりも20点ほど高いことがほとんどでしたが、今回の平成30年度は前期試験の平均点の方が高かったです。

前期試験の平均点は平成28年度が257.5点、平成29年度が276.1点、今回の平成30年度が294.3点とこの3年間上がり続けています。

志望校で必要な合格点を考えるときに、今までの合格点よりも高めの点数を目標にしていきましょう。

以下、前期試験の各科目の平均点も確認をしてみます。

国語は平均点が63.2点で29年度より2.4点高くなっています。

数学は平均点が58.5点で29年度より7.1点高くなっています。

英語は平均点が59.7点で29年度より6点高くなっています。

理科は平均点が60.0点で29年度より3.6点高くなっています。

社会は平均点が52.9点で29年度より0.9点低くなっています。

社会は平均点が少し低くなりましたが、他の科目は平均点が高くなり、社会以外は平均点がほぼ60点となっています。

できるだけ苦手な科目をつくらないようにして、得意な科目は平均の60点以上を
目指していけるようにしましょう。

今後の勉強で千葉県公立高校の過去問を解いていくはずです。

最近のように年度によって平均点が大きく異なっているときは、過去問を解くときに注意点があります。

過去問で何点とれたかだけで判断するのではなく、その年度の平均点とも比較をしましょう。

千葉県公立高校後期試験の入試結果

千葉県公立高校後期試験の入試結果が発表されました。
下記から確認できます。

千葉県公立高校後期試験の入試結果はこちら

今回の倍率と昨年度の倍率がのっていますので、志望校が決まっている場合は比較してください。

全ての高校であてはまるわけではありませんが、隔年現象が起こる学校も多いです。
昨年度の倍率が低かった学校が今回の倍率は上がっていたり、その逆が起こることが隔年現象です。

隔年現象は後期試験だけではなく、前期試験でも起こります。
そういった視点で実際に受験するときの倍率を考えてみてください。

 

千葉県公立高校前期試験の入試結果

千葉県公立高校前期試験の入試結果が発表されました。
下記から確認できます。

千葉県公立高校前期試験の入試結果はこちら

後期試験を受ける場合は引き続き頑張っていきましょう。

前期とは試験時間が異なるので、過去問で時間配分に慣れておくことが大事です。
体調も気をつけていきましょう。

千葉県公立高校前期試験の問題と解答

2月13日火曜日に千葉県公立高校前期試験(1日目)がおこなわれました。

今回は英語の大問4のリスニングで少し傾向が変わりました。
英文が放送されて、英文にあてはまる英単語を書かせる問題でした。
それほど大きな変更ではなかったので落ち着いて取り組めたのではないでしょうか。

他の教科も大きな出題傾向の変更はありませんでした。

問題と解答は新聞に掲載されているのでご覧になった方も多いと思います。
下記からも確認できますのでよろしければご覧ください。

千葉県公立高校前期試験の問題と解答はこちら

来年以降に受験するご家庭でもどのような問題が出題されているのか確認してみると良いです。
1・2年生の内容も出題されているので解ける問題もあるはずです。

こんな問題が出るのか、とわかることで普段の勉強にもやる気が出る場合もあります。
少しでもいいので見てみてください。

合格発表は20日の火曜日です。
受験生は発表まで気になると思いますが、後期試験に向けて対策をしていきましょう!

大学入学共通テストで問われる力

今までのセンター試験から「大学入学共通テスト」に変わることはご存知の方も多いと思います。

2021年1月から始まる大学入学共通テストは、どのような力が問われるのでしょうか?

今までのマーク式の問題だけではなく、まずは国語や数学で記述式の問題が出題されることがよくあげられています。
確かに記述式の問題が出題されることで難しくなるでしょう。

ただ、国語や数学もふくめ、他の科目でも出題傾向が変わります。

大学入学共通テストの試行調査が11月におこなわれ、全国の約18万人の高校生が参加しました。

これから結果などが公表されて、結果をもとに実際の大学入学共通テストが検討されていきますが、試行調査を受けた高校生からはこのような感想もありました。

「今の学校の授業では大学入学共通テストの問題は解けない」

高校の先生たちも、大学入学共通テストへの対応を考えていく必要があると言っています。

下記の大学入試センターのHPより、平成29年度試行調査の問題や解答、正答率、問題のねらいが確認できます。

ためしに見てみてください。

平成29年度試行調査の問題などはこちらから

どの科目も問題文が長く、図や表などを読み取って考える問題が多いです。

マーク式の問題でも、知識をただ覚えているかを問うのではなく、
知識をどのように使って問題を考えていくか、思考力や判断力を問う問題となっています。

今のセンター試験よりも大学入学共通テストは難しく、成績が二極化することも心配されています。

また大学入学共通テストの影響で、高校入試の出題傾向も変化することも予想されます。

今までも千葉県の公立高校入試の社会は、表やグラフを読み取って解く問題が出題されています。
知識を覚えていなくても正しく読み取ることができれば正解できます。
ただ、そのような問題に慣れていないと時間がかかってしまったり、解けない子もいます。

国語だけではなく、他の科目でも読解力が基礎となってくるような気がします。

大学入学共通テストに変更となる、今の中学3年生はもちろんですが
これから高校受験をする子たちも上記のことを意識して勉強に取り組んでいってほしいと思います。

学校での授業だけではなく、塾での授業も対応できるように考えていきます。

千葉県公立高校入試ついに一本化です

今までもよく千葉県の公立高校入試が前期・後期の2回から1回になると言われてきましたが、ついに一本化する方針に教育委員会で決まったようです。
正式な決定は今年度末ですが、ほぼ決まりだと思います。

気になる一本化の開始時期ですが、2021年春の入試からの予定のため、今の小学6年生から変更になります。

今までは前期で第一志望校を受験して、不合格だった場合はより安全な志望校に変更するなど、いろいろと受験の方針を考えることもできました。
ただ、1回だけの入試ということになり、それはそれで悩みも増えると思います。

入試は2月下旬の2日間で、1日目に3教科、2日目に残りの2教科と面接や作文など、というスケジュールになり、その点は受験生にとっては良かったのかなと思います。
1日に5教科はけっこう大変ですよね。

インフルエンザなどのやむを得ない理由がある場合は追検査もあるようですので、1回だけの入試になってしまってもそのような考慮はしてくれるのも少し安心できます。

現時点で中学生のご家庭は今まで通り、前期・後期の2回の入試に向けて対策をしていき、小学生のご家庭は今後発表されていく一本化の情報を確認しながら受験に向けて準備をしていきましょう。

期末テストはもうすぐです

中学生は中間テストが終わったと思ったら、期末テストまですでに1ヶ月ありません。
高校生は12月が期末テストなのでもう少しありますね。

2学期の中間、期末テストは間が短いので仕方ありませんが、中間テストで思ったような結果がとれなかった場合はその悔しさをすぐにでも期末テストに向けて頑張りましょう。

中間テストで頑張れた場合は、期末テストも頑張れば2学期の評定が上がりやすいのでさらに頑張りましょう。

休む間もなく期末テストに向けて勉強しないといけませんが、それほどテスト範囲もひろくありません。
まずは学校の授業の内容をしっかり理解することがテスト勉強にもつながります。

普段からテスト勉強を意識することが大事です。
そうすることでテスト前に苦手な問題を中心に何回も確認する時間をとることができます。

わからないことはできるだけ時間をあけずに解決していきましょう。

秀明大学の飛翔祭に行ってきました

千葉大祭に引き続き、秀明大学の飛翔祭に行ってきました。

秀明の塔と本館です。

syumei1 syumei2

「勝田台」駅、「八千代緑が丘」駅、「新鎌ヶ谷」駅から無料スクールバスが出ていて
勝田台駅から乗り、15分ほどで着きました。

他の駅からも15分から20分ほどで着くようです。

学校教師学部棟と食堂です。

syumei3syumei4

マンションのように見えますが学生寮です。
留学生も多いようです。

syumei7

ベトナム屋台でフォーやブンチャーというベトナム風つけ麺を食べました。
他にもネパール風のカレーを食べて大満足。

syumei5

ペーパークラフト動物園や錯視を体験できる錯視部屋などもあり家族で楽しめました。

syumei6

外の広場には秀明キッズパークのコーナーがあって
娘はずっと楽しそうに遊んでいました。

学校教師学部の1、2年生がそれぞれの遊び場について
見守ってくれているのも安心です。

子ども好きの優しいお兄さんたちで良い先生になりそうだなと思いました。

 秀明大学の学校教師学部教員就職率全国1位の87.9%です。
先生になりたい学生にとっては充実した環境だと思います。

また、最大で4年間合計400万の返還不要の奨学金もあります。

総合経営学部、英語情報マネジメント学部、観光ビジネス学部にも
最大で4年間合計170万の返還不要の奨学金があります。

そして2017年4月には看護学部看護学科も開設します。
ちょうど看護学部棟の工事中でした。

こちらも最大で4年間合計400万の返還不要の奨学金があるようです。

看護系を目指す子も多いので気になる方は
下記から秀明大学のホームページをチェックしてみてください。

秀明大学のホームページはこちら

 

千葉大学の千葉大祭に行ってきました

千葉大学の千葉大祭に行ってきました。

chiba1

久しぶりに大学の雰囲気を感じて懐かしかったです。

受験で志望校を決めるためにも学校見学は欠かせません。
学校を見に行ってみたら、思っていた雰囲気と違うということもあります。

実際に行ってみて、自分に合うかどうかはとても大事です。
すごく良い雰囲気だったとわかれば、受験勉強のやる気にもつながりますし。

正門で自分が写っている写真を撮ってスマホの待ち受け画面にしていれば
見るたびに気合いが注入されます。

ちなみに千葉大はこんな感じでした。

大学受験はまだまだという方も今後の進路の参考に見てみてください。

正門を入ってすぐのところ

chiba2

大学祭といえば、やっぱりライブ!

chiba3

図書館も素敵

chiba4

建物も新しそうな場所が多かったです。

chiba5

こんなオシャレな建物もあります。

chiba6

生物学科の水族館など展示もあり、娘も楽しそうでした!

chiba7

左が青いザリガニ、右が普通の赤いザリガニ

chiba9 chiba8

大学生のお兄さん、お姉さんがいろいろと教えてくれました。
そんな経験から興味を持てるといいですね。

chiba10

緑も多く、すごく開放的な気分になりました。

chiba11 chiba12

建築学科の空間デザインチームによる「秋時雨」も素敵でした。
娘も興味津々で楽しそう。

chiba13 chiba14

6日までやっているので、これから千葉大を志望校にしようかなと
少しでも考えているならぜひ行って雰囲気を味わってみてください。

Top